スポンサーリンク

Pocket

どーむ、たかきです。
前回に続きアメリカのアマゾンに商品を返品する方法を書きたいと思います。

個人輸入で商品を買っている方も大量に購入し転送会社を介して輸送している方も
基本は同じです。
アマゾンに直接日本に送って貰っている方は国際送料なども負担してくれます。
しかし、転送会社を介して日本に送ってもらっている方は商品代金のみ返金となります。
ここは前回も書きましたが、安い価格の商品を返品すると逆に高くつくので気をつけてください。
通常どのアマゾンも返品する場合は、注文履歴からその返品する商品のところにいき
返品の項目を選びます。

個人輸入で1つしか買っていないのでしたらそのまま返品理由のところにいきますが、
商品をまとめてカートに追加し、複数商品を一緒に購入した場合は返品する商品を選ぶようになります。

商品を選んだらそのまま決定を押します。
そうすると理由になるのでそのまま選び流れのまま進みますが、
僕の場合は転送会社を介していたりするので、直接アマゾンスタッフにコンタクトを取り
スタッフに返品手続きをやってもらっています。
コンタクトを取る方法ですが、
電話、eメール、チャット
3種類ありますが、英語が喋れる方は電話でするのが早いでしょう。
また、メールも返答に時間がかかるのであまりお勧めはしません。
チャットは時間関係なしにすぐにやり取りできるのでお勧めです。
アマゾン.comでhelpをクリックすると

に飛びますので上記画像の赤丸のところをクリックします。
そうするとリアルタイムでスタッフとやり取りが出来ます。
すべて英語でのやり取りになりますが、google翻訳で十分通用します。
そこでスタッフに商品が購入しましたが、壊れていました等伝えると必ず
新しい商品と交換するか、返金するか聞かれますが返金と言いましょう。
その時に一緒に返品手続きをを変わりにやってくださいと言えばやってくれます。
英語で言うと
I purchased the other day the goods, and then returned because it was broken. Excuse me, but thank you instead to complete the return process. Order number is 0000-0000-0000. Trade name is the one in ○○○○.
意味としましては
商品を先日購入しましたが、壊れていたので返品します。恐れ入りますが、返品手続きを変わりにお願いします。注文番号は0000-0000-0000です。商品名は○○○○でが1つです。
その旨を伝えるとリンクを貼り付けてくれるのでそこから
返品用のバーコードと返送先住所が記載されている画面に飛びますので印刷しバーコードを商品に貼り付けて
返品すると後に購入したクレジットカードに返金されます。
ただ直送でアマゾンから購入した方はそれで終わりですが、
転送会社を介して購入した方は差出住所が転送会社先になっているので
日本にあるので日本から返品する

という旨を伝えないといけません。
輸出になるので別途インボイスが必要になりますのでそれも一緒にリンクに貼り付けてもらいます。
インボイスとは、物品を送るときに税関への申告、検査などで必要となる書類です。
Purchase location is an American, but now and then a procedure therefore please send in Japan of address because it is in Japan.
購入した場所はアメリカですが、今は日本にあるので日本の住所で送りますので手続きお願いします。
等伝えれば大丈夫でしょう。
こちらがインボイスになりますが、赤枠のところを記入します。
インボイスは外箱に透明な袋に入れ貼り付けます。
上から順番に
①配送会社(EMS等)
②問い合わせ番号
③名前と日付ですね。いわゆる署名です。

こちらのバーコードを商品に貼り付けます

またこちらは注意事項ラベルですので外箱に貼り付けます

あとは配送業者に宛名を書き持って行くと完了します。
おすすめはEMSが早いので郵便局がいいと思います。
配送手続きが終わりましたらアマゾンカスタマーに連絡し
送料がいくらかかったかを報告すると送料代も別途返金してくれます。
長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング