スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
アマゾンで販売していると商標権を取得しているセラーがいます。
o0300030013622677340.png
ちなみに商標権とは

知的財産権のひとつ。自社の商品と他社の商品とを区別するための文字、図形、記号、色彩などの結合体を独占的に使用できる権利。特許庁に出願、登録することで、商標権として保護の対象となる。商標権の存続期間は10年だが、更新も可能である。

商標権を取得しているセラーのページに出品してしまいますと
アカウントが停止にされてしまう場合があります。
優しい出品者だと、アマゾンに報告する前に出品を取り消すよう連絡をくれますが、
大体の人はアマゾンに報告しますので100%アカウント停止になります。
商標権の判断方法ですが、
売れ行きのいい商品がずっと1人の出品者で販売している場合が
商標権を取っている可能性が高いです。
リサーチの際にモノレートの出品者の変動を見ていれば分かるかと思います。
例ですが、
商標権.jpg
1商標権.jpg
商標権2.jpg
ランキングがずっと上位にありかなり売れていますが、
履歴を確認しても出品者はすっと独占的に販売しています。
このような場合は商標権がが取得されている可能性が高いので気をつけましょう。
ちなみに商標登録を確認できるサイトがあります。
商標登録を調べるサイトはこちら>
商標登録3.jpg
赤枠の部分を「商標を探す」に変更して下さい。
次に隣にの場所にアマゾンの商品名を入れます。
商標が取られていますと検索結果に出てきますので
怪しいと思った商品は必ず調べる癖をつけないと停止になったときは
とんでもないことになりますので意識しリサーチに取り組んでいきましょう☆
とか偉そうなことを言っていますが
今は大丈夫ですが、つい先日出品停止になりました(笑)
最後まで読んで頂き、 ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング