スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
1.jpg
輸入ビジネスをするにあたってどの商品が売れるか売れないかというのは
モノレートを使って判断すると以前の記事に書きました。
一切ツールを使わずに手動でリサーチする場合は
ひとつひとつ商品をモノレートで見ていかないといけません。
ただ単純に並行輸入品で検索し、商品をひとつひとつ調べていくと
とてつもない時間がかかりますし、まずトップページに表示される並行輸入品は
誰でもすぐに見つけられる為、利益が取れない商品が多いです。
その為に売れる商品が見つからない、売れているが利益がない商品ばかりなどといい
諦めていく初心者が多いです。
並行輸入品で検索するのは間違いではないのですが、
そこからもう一歩奥に入っていきます。
なにかといいますと、
並行輸入品で検索した商品は並行輸入品ばかりを取り扱っているセラーばかりですので
まずそのセラーの取り扱っている商品を見ます。
画像で説明しますと、
2.1.jpg
並行輸入で検索すると商品一覧が表示されます。
次に商品を選ぶのですが、商品名の下の赤枠の中の新品をクリックします。
2.1.jpg
出品者一覧の画面が表示されますので
赤枠のFBA出品者をクリックします。
2.2.jpg
クリックするとセラーの取扱商品一覧が表示されますので
そこから一つずつ商品をモノレートに検索していきます。
2.3.jpg
このような検索方法ですると利益の取れる商品をセラーが取り扱っていることがすぐに分かります。
また、商品をクリックすると開いている画面が商品カート画面にジャンプするのですが
ただ単に商品をクリックしていると、
一覧に戻ってはカートページに移動しと繰り返しに検索時間にかなり時間が取られてしまいますので
商品ページをクリックするときに
キーボードのCtrlボタンを押しながら商品をクリックすると
新しいタグでその商品が表示されますので一気にそのまま各商品をクリックしていき
ある程度タグが各商品でいっぱいになりましたら
そこから一つずつ商品をモノレートで検索かけていけば
ページの更新時間を省けるかと思います。
このような時間短縮リサーチ方法で売れる商品をすぐに見つけられるかと思います。
一度試してみてください。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング