スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
輸入ビジネスでやっていこう!と思っている人は必ず避けては通れない道があります。
タイトルにも記載していますが、メーカーにて卸交渉が必要不可欠です。
36_041.jpg
ネットショップにて購入しただ単に転売するだけでもいいのですが、
並行輸入ですと誰でも簡単に参入できるので正直それだけでやっていくのは
厳しいかと思います。
まず出品者が増えるとその分回転率も悪くなりますし、価格競争に巻き込まれるし
利益も取れなくなりますし。。。
そこで参入者が増えてもしっかり利益確保ができる体制作りをする為に
メーカー又は代理店から直接商品を卸してもらうことが求められます。
商品をメーカーに卸してもらうことで
安定的に利益確保が出来るようになります。
日本と違ってアメリカは個人でも全然相手にしてくれますので
直接メールなどで問い合わせてみてください。
正直すべて返信があるのかというとありません。
やはり大きい会社ほどなかなか相手にしてくれませんが
メールすら見ていない、気づいていない、忘れているという企業もたくさんあります。
普通にメールを送っただけではスルーをされる確立がかなり高いです。
そこで卸し交渉の返信率を上げる方法があり、
何かといいますと、当たり前のことなのですが
サブジェクトに
Dear ○○
と記入するだけで全然返信率が違ってきます。
reply.png
なぜならばメールの始めに目が行くのはサブジェクトになりますので
それを変更することによりそこの企業宛だとすぐに分かります。
担当者の名前が分からなければ
そこの企業名でも全然大丈夫です。
担当者が分かれば担当者の名前を入れるとなおさら最高です。
普段100通送っても1~2通しか返ってこなかった返事も
100通中30通くらいは返信があるのかなと思います。
僕個人的の返信率は80%くらいです。
正直かなり高いほうだと思います。
返信があったからといって成立するかどうかは話は別ですが(笑)
あとはそこの企業と自分との中で納得いく数字が出れば交渉成立となり
そこから先は個人の力量ですから
まずは一番肝心な返信をしてもらえるように心がけてみるといいと思います。
本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング