スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
輸入商品.jpg
輸入ビジネスを取り組むにあたって検索の一番初めに言葉が出てくるのは
並行輸入品だと思います。
中国だとノーブランドで検索ですけど。。笑
並行輸入品と正規輸入品とは何が違うのかといいますと
並行輸入品とは
海外から正規のルート以外から輸入した商品のことです。
もっと噛み砕きますと
メーカー以外から購入し、輸入した場合は並行輸入品となります。
アマゾン、ebayなどで購入した場合はすべて並行輸入となります。
正規とは別のルートから並行して輸入しているので並行輸入という名称が使われています。
正規代理店と契約し直接ロッド等で卸してもらっている場合はまた変わってきます。
続いて
正規輸入品とは
並行輸入品とは逆に正規ルートを通して仕入れてきた商品のことをいいます。
海外メーカー、日本の正規代理店など各メーカーとの契約を交わして直接購入し
日本に輸入して販売する場合に正規輸入品(正規品)といいます。
gyokai4.gif
流れとしましては
正規輸入品
海外メーカー・ブランド

メーカー直営店や正規代理店→ 消費者

販売店・小売店→消費者
契約関係にある企業が海外メーカーから商品を輸入し日本で販売します。
並行輸入
海外メーカー・ブランド

直営店や取扱店・小売店→消費者

メーカーとは関係ない人たちが上記から輸入(僕達)→消費者

販売店・小売店→消費者
海外の小売店や個人から商品を仕入れ日本で販売すること。(ここが僕達です)
輸入転売ビジネスとなります。
メーカーから卸していただいたものは転売じゃなくビジネスとして卸していただいているので
しっかりとした輸入ビジネスとなります。
流通は分かりましたが商品としては何が違うのか?
ですが
商品は同じです。
ただ、保証の問題などアフターサービスが違ってきます。
top_image.jpg
並行輸入品の一番のメリットは商品の安さです。
正規品の場合でしたら、各ブランドのイメージがあるためほとんどが定価で販売され
あまりセールなどはありません。
また、あとあとの保証などもきっちりしているので安売りをする必要がないのです。
しかし
並行輸入の場合ですと、商品価格は個人で自由に決めれるのでどんどん値下げをしたり
することができます。
また、各海外メーカーが日本国内で販売していない商品も輸入し販売することもできます。
ここは並行輸入のメリットではありますが、
デメリットとして、仕入れ価格や販売価格が不安定また何かあった場合は
メーカーは保証してくれないのですべて自分に降りかかってきます。
海外で仕入れ自分で使う場合は相手に責任が降りかかりますが
それを日本国内で販売してしまった場合は
自分が小売業となりますので僕達が責任を負うようになります。
もっと深くまで突き詰めると
お客様に商品を偽者扱いされた場合は保証のしようがありません。
hqdefault.jpg
メーカーから直接卸して頂いた場合はメーカーの証明書などを頂くことができますが
並行輸入ですと本物だと証明するものがありません。
アマゾンで販売しているとお客様から偽者といわれたら
すぐにアカウントが閉鎖になりますので注意が必要です。
以上が正規輸入品と並行輸入品との違いです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング