スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
アマゾンなどで商品を販売する場合に
自社発送をするのかFBAに納品して販売するするのかに分かれるかと思います。
自社発送の場合は自分で梱包するので全然関係ないのですが
FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用する場合は、アマゾンの倉庫に納品しなくてはいけません。
初めて納品する場合はどうすればいいかわからないかと思います。
いくつか注意点があるので記載していきたいと思います。
2.jpeg
初めにFBA納品する際のダンボールサイズ(大きさ)ですが、
納品する際のダンボールのサイズの上限が決まっています。
サイズは、50cm×60cm×50cm以下で尚且つ30kg以下でなければいけません。
さらに重量が15kg以上の場合は
箱の上面と側面に重量超過と記載しないといけないようになっています。
それ以上のダンボールに梱包し納品しても最悪着払いで返送されてきます。
大きいサイズですので送料もかなり高いです。
また、規定以内であっても商品が少し大きいからといって
ダンボール同士をつなぎ合わせる(加工)したもので納品してもこれもまた受領不可となり
着払いで返送されます。
商品が傷が付かないようにクッションになるように紙などを入れると思うのですが
こちらも規定がありまして
紙、エアキャップ、クッションは大丈夫なのですがシュレッダーされた紙や、バイオ梱包材は
使用してはいけないようになっています。
新聞紙をたくさん使えばクッション代わりになりますので捨てずに溜めていた方がいいです。
次にダンボールの入手方法ですが、
スーパーやコンビニ等でいらないダンボールをもらえるかと思いますので
そちらを使って頂いても大丈夫です。
でも、基本小売業系のダンボールは非常に柔らかく破れやすいので使用する場合は
ダンボールの底面の強化をしっかりした方がいいと思います。
僕はいちいち取りに行くのがめんどくさいのでアマゾンで購入し経費で落としています。
初めのうちはめんどくさくても経費削減の為に使えるものは使いましょう。
ただ、これも経験上なのですが(自己責任でお願いします)、転送会社を使うと
170サイズで送ってくるかと思います。
僕はこのサイズで納品したことが何回もありますが一応受領されています。
一度でも受領されるとアマゾンの管理データに残りますので
そのまま納品してもらえる可能性が高いかと思います。
ただし、規定違反は規定違反ですので確実性を求める方はしっかりと規定を守りましょう。
そのほうがトラブルにもなりませんし、納品が遅れ価格変動に巻き込まれずにすむかと思います。
もうひとつ余談ですが、
FBA納品先は数多くあるのですが、納品先によって厳しさが全然違います。
2.jpg
僕は岐阜がメインの納品先だったのですが何でもかんでも受領してくれてました。
ダンボールを繋ぎ合わせたものでも。
一度は人間駄目と分かっていてもやりたくなるときありますよね笑
今までに5つ拠点を利用したことがあるのですが
神奈川と大阪のFBAは結構厳しいです。
ダンボールもそうですが、納品する際に商品にラベルを貼り付けるのですが
貼り忘れがあったときもしっかり手数料が取られました。
岐阜は上記の場合でも無料で訂正してくれ手数料を取られたことがありません。
また、出品登録をしていない商品も一緒に間違えて送ったこともあるのですが
その商品の納品が少し遅れただけで無料で出品をしてくれてました。
今はそんな初歩のミスをしなくなりましたが
初めは失敗の連続でした笑
みなさんもしっかり確認してから納品するようにしましょう。
本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング