スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
ネットビジネスに取り組もうとしている人は後々にいろいろな届出があることを覚えといてください。
例えば、年間20万以上利益が出ればしっかり収入として確定申告をしなければいけません。
いきなりそのことばかり考えて悩みすぎてもあれなので初めは記憶の片隅にでもおいといてください。1.jpg
>まずは気楽に始めてみましょう
副業で取り組む人は、結論からいいますと確定申告や古物商の取得、また個人事業主の開業届けが必要になってきます。
しかし、上記でも記載していますが始めた当初は収益が発生していませんので
すぐに確定税申告や各種届出はする必要はないです。
とりあえず興味感覚で販売してみて副業として手ごたえを感じたらそのままの勢いで
突っ走って行っていいと思います。
実際こういう決められた利益以上を出していても確定申告をしていない人も多々います。
多少上回ったくらいじゃ税務署も動きません。
ただ、年間何百万、何千万も稼ぐようになればかならずしないと微税を払わなくてはいけないようになりますので注意してください。(この部分は以前の記事にも書いています。)
>非課税になるのは??
自分達の生活の為に使用する物品などが非課税に当てはまります。
家具や衣服、その他生活用品などはすべて非課税となります。
いわゆる雑収入という扱いになります。
古物商の申請もある程度稼げるようになってからで十分です。
ここで注意ですが、個人的にヤフオクやフリーマーケットで簡単にやっていく程度なら
必要ないのですが利益を得て取り組んでいく(商業)目的の場合は古物商は必要になります。
ある程度利益が継続して出てくるようになり、
確定申告をおこなうときに同じタイミングで古物商を取れば問題はないと思います。

古物商は税理士や司法書士を利用すると手数料等で10万円ほどの費用が発生しますが、自分で申請を行えば印紙代などのおおよそ約2万円の費用で取得する事ができます。

>確定申告は白色申告と青色申告がある
まずは基本的な話ですが、
主婦の方が開業届け出を出さずに確定申告を行う場合は白色申告
個人事業主としての開業届け出を出して行う場合は青色申告
になります。
ネットビジネスで軌道に乗り出して今後も継続して商業目的として取り組んでいくのでしたら
開業届けを出し青色申告というものがありますので、そちらを利用したほうがいいです。
なぜなら、特別控除や経費面で計上可能な種類が増えるので大分有利になると思います。
10万円または65万円の特別控除があります。
白色申告というものもあるのですが、こちらでも利用手数料や雑費を計上することは可能ですが
青色申告では家賃や電気代、また飲食代も接待費として経費に出来きます。
ちなみにガソリンもです笑
最後に、扶養に入っている方の確定申告の基準は年間38万円となっていますので
それを超えてしますと扶養から外されてしまいますので気をつけてください。
最後まで読んで頂き、あえいがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング