スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
先日からアマゾンのアカウントが乗っ取られ高額な商品を格安に出品されるという被害が続出されています。
みなさん気をつけてください。
ほどんどのアカウントは昔使っていたアカウントで今は使っていないアマゾンアカウントを乗っ取り
ランキング上位の商品を大量に出品させられるという被害です。
アカウントを乗っ取られると最悪アカウント停止になってしまうことも考えられます。
一応下記はセラーフォームに記載されていた文章の一例です。

4月15日に、8年前に使用してそのままにしていた古いセラーアカウントに登録しているメールアドレスに、100件近い出荷依頼メールが届いて異変に気付きました。
確認したところ、セラーアカウントページの言語の変更、大口出品者への登録、新しいクレジットカード番号(名義は自分の名前になっています)の登録の後、1000件近い商品を一気に出品されており、ひとまずアカウントのパスワードを変えてからカスタマーセンターへ問い合わせました。
回答にたどり着くまでに1時間ほどかかりましたが、まずはアカウントを停止にしてもらいました。
使用していない出品者アカウントでしたので解約をお願いしましたが、検証後にアカウントを一旦復帰させてからでないと解約の処理ができないとのことで、現時点ではまだ検証中の段階です。
受けている注文へもカスタマーセンターからキャンセル対応をしてくださるということで、てっきり説明を添えてキャンセルの対応をされたものと思っていたのですが、「購入者からキャンセルの理由を教えてほしい」という旨のメッセージがカスタマーセンターから届くので、その都度またカスタマーセンターへ連絡して対応をお願いしている状態です。
こちらのスレッドを読んで、自分以外にも同じような状況になっている方がいるのではと思いました。
その場合カスタマーセンターに連絡してアカウントを停止してもらうことをお勧めします。
カスタマーセンターは、購入者、出品者などで分かれているようで、明確に「出品者アカウントに問題がある」と最初に伝えた方がいいです。

実際に被害にあっているアカウントを見つけましたが、評価がすべて最低評価の「1」になっていました。
「1」を沢山付けられると、もうそのアカウントは利用できないと思います。
仮に利用できても、もう販売してもカートもなかなか取ることも出来ないですし、
まずお客さんが最低な評価の店で買うこともないと思います。
一応、アマゾンアカウント乗っ取りを回避する方法がありますので載せておきます。
それは、二段階認証というセキュリティーシステム>を使うことです。

二段階認証とは
通常どおりサインインに必要な情報を入力した後、セキュリティコードを入力します。セキュリティコードは、2段階認証の設定時に指定したテキストメッセージ、音声電話、または認証アプリで受信できます。
よく使う端末だけ、サインイン時にセキュリティコードを要求しないように設定することもできます。設定した端末からサインインするときは、パスワードのみ入力します。
2段階認証を設定後、カスタマーサービスにお問い合わせをする場合、アカウントへのサインインと同様、セキュリティコードの確認が必要になります。

二段階認証を設定する方法ですが、
お客様のアカウント→アカウント設定を変更→高度なセキュリティー設定
という順番です。
0423.jpg
ログインをするときに多少手間がかかるかもしれませんが、被害を守る為絶対にしておいたほうが良いです。
アマゾンであまり販売しない人はいいかもしれませんが、アマゾンもかなり利用する人であれば
売上がかなり落ちますし、まず収入はストップしてしまいますので今後の人生に多大な影響を
与えてきます。
ちゃんと設定できているか確認してみましょう。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング