スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
輸入ビジネスだと当然海外の商品を仕入れて販売するのが当たり前です。
で、だんだん慣れてくるとメーカーとかに連絡を取り直接卸してもらうように交渉するのですが
逆に日本国内はどうでしょうか?
案外日本の卸業者はノータッチって人は結構います。
実際、海外と比べると日本の企業は固いところがあるので株式や個人事業でないと
相手をしてくれないところが多いです。
だからといって何もしないでいるのは非常に勿体無いです。
日本の卸業者から商品を購入することが出来ると計算も簡単な上に商品もすぐに届きます。
1.jpg
じゃぁ日本の企業の場合はどうやって交渉するのかというと
これも海外と一緒でメールで十分取引きできます。
電話の方が信用されやすいっていうのも多少ありますが電話が嫌いな人はメールで十分かと思います。
日本語のやり取りですのでまず翻訳ミスなどもないですし、翻訳をするにあたって
無駄な費用を払う必要もないですから経費も削減できます。
逆にこちらからでなく相手側から連絡をしてくる場合もあります。
アマゾンだけだとあまり連絡はないと思うのですが
楽天やヤフーショッピングなどにも登録しておくと
突然卸業者から電話がかかってくるときもありますので
他のサイトにも登録しておくことをおススメします。
ちなみに営業で連絡をしてくる卸業者はかなりのところと取引をしていますので
基本在庫をかなり持っていて他のセラーにも同じように販売していますので
売れていてもすぐに赤字になることが多いので個人的にはあまりおススメはしていません。
ただ、それでも取引きを継続して購入していると自分だけ売ってくれたりとか
本当におススメな商品を教えてくれたりもします。
まだ、国内で卸業者に連絡していない人はついでに日本の卸業者にも連絡してみてください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング