スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。
ヤフオクにて商品を販売していくにはアマゾン同様どんな商品が売れているのかというのを
事前にチェックをすることが必須となってきます。
そこでヤフオクでの売れ行きを把握できるオークファンというリサーチサイトを使うことが重要となってきます。
ちなみにオークファンは、
ヤフオクやメルカリなどのショッピングサイトの商品の取引相場を把握できるサイトです。
相場検索は過去10年分、対象サイトは国内外の18サイト、便利ツールなどがあります。
※会員登録が必須で無料から有料までのサービスがあり、有料になるにつれ検索サービスが追加されます。

オークファンの使用方法


※上記でも記載していますが、初めに会員登録が必要です。
有料には後ほど切り換えれますので初めは無料版を試してみてください。
会員登録が終わると下記のページになります。
そこで検索欄に商品名を入力します。
1.bmp
説明では有名なマキタのドライバー商品で検索してみます。
検索名 マキタ M850DWX
検索をすると検索結果が表示されます。
※ここで注意なのですが、僕は有料会員ですので過去10年間を検索できますがそんな昔のはいらないです。
今売れている商品を知りたいわけですので、理想は1ヶ月で売れる商品を探したいので
直近30日の落札相場を見ます。
下記の画像を参考にしてA~Fが重要ポイントとなりますので必ず見るようにしてください。
1.1.jpg
A:検索名で出てきた商品の平均価格を表しています。
B:ヤフオクで落札された個数
C:商品の落札された価格
D:その商品の入札件数
E:商品のオークション終了日
F:検索期間
以上のデーターを基準に仕入れをしていきます。
上記の画像では30日間で5個売れていることになります。
そして次に現在の出品数を知る為に、下記のバナーをクリックし、出品数を把握します。
1.3.jpg
こちらの商品では出品数が現在8件と出ていますが、マキタ商品で違う型番の商品も表示されていますので
注意して同じ型番を見ましょう。
同じ型番は4件出品されていますので前回を見比べると5個売れていますのでもう一個出品しても売れることが分かります。
需要と供給を調べるには上記のような検索方法で調べますので需要と供給を見比べ
利益が取れるようなら商品を仕入れていきます。
以上がオークファンの使い方になります。
また慣れきたら有料会員に必ず切り替えましょう。

有料会員のメリット


オークファンには3つの料金プランがあります。料金もそこまで高くないので本気で取り組む決意のある人は
最初から有料会員になったほうが効率よくリサーチが出来ます。
ちなみに価格が
プレミアム会員: 月額980円(税込み)
ライト会員  : 月額324円(税込み)
ノーマル(一般)会員: 無料
一般会員でも全然商品のリサーチはできるのですが、無料会員によく出てくる広告表示がかなり多く
検索に支障をきたします。正直目障りです。
ライト会員又はプレミアム会員になると落札された商品の出品者IDを検索できるなどメリットが出てきます。
出品者IDを検索できると各出品者が過去に何を販売したかということも分かりますので
その商品もどんどんリサーチしていき供給が少なければどんどん仕入れていきましょう。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング