スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。

時代ってものすごいスピードで変化しているなぁっていうのがネットビジネスをしていると本当によく感じます。

amazonで販売するにしても、今までと同じ相乗り出品で以前ほど稼げなくなってきているので

今回は、現在のamazonでの稼ぎ方を書いていきます。

amazonで相乗り出品はもう古い

今でも相乗り出品で稼げない訳ではないのですが、
上記でも書いたように以前ほど相乗り出品では稼げなくなってきています。

輸入ビジネスをしていくなかで、初めにamazonで売れている商品をリサーチをしてから

相乗り出品で転売して儲けるっていうのが基本なんですが、

今ではそのノウハウを発信している人たち(僕もそうですが)が溢れているので誰でも簡単に輸入ビジネスを始めれるようになってきています。

その影響もあって売れている並行輸入品ページを見つけて相乗り出品しても

すぐに需要より供給が上回って回転率が落ちたり、価格競争に巻き込まれて

利益が取れなくなり最悪赤字になります。

今のamazonでの稼ぎ方

最近のamazonの流れとして、

並行輸入品に限らず国内仕入れの商品でもamazonで販売して稼いでいくには

ズバリ新規出品ページを作成すること。

同じ商品のページや、同じJANコードなどでページがすでにあったとしても

独自のJANコードを取得して新たにページを作り直すことで自分の希望の価格で販売することができます。

ただ、新規出品ページを作成するにしてもただ単に作成するのではなく、

しっかりページを作り込まないと売れないのでその点注意しましょう。

新規出品ページの流れ

新規カタログ(新規商品ページ)というのが結構曲者ですのでしっかり作成するときのポイントを抑えておくこと。

最低限抑えるべき基本

amazonで新規出品する場合は当然amazon規約を遵守し

検索対象項目検索対象外商品に力を入れます。

amazonの検索対象

・商品タイトル(外部の検索エンジンでもヒットします

・商品仕様(アマゾン内で検索)

・検索キーワード(アマゾン内で検索)

・商品説明は検索対象外です。


amazonの検索対象外商品

・メイン画像のない商品

・ブランド名のない商品

・商品説明と商品の仕様が双方ともない商品

対象になるカテゴリーはそれぞれ異なりますので詳しくはamazonページでご確認ください。

amazon規約はこちら

新規ページを作成するときに意識する項目

新規ページを作成するときに下記のポイントをしっかり意識します。

・商品タイトル

・商品仕様

・画像商品

・商品説明

・キーワード

・バリエーション

・価格

・出品カテゴリ


上記ポイントを意識し、ページを作り込んで販売していくことで
これからの輸入ビジネスでも生き残っていけます。

むしろやり方次第では、独占販売も出来ますのでまだ新規ページを作成したことのない人は

お試しに1ページ作成してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング