スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。

去年の今頃はamazon詐欺で全国ニュースになりましたが、

ここ最近はamazonで返品がかなり多発しているので出品者のみなさんは注意してください。

amazonの返品、交換の条件



amazon規約によると、amazonの返品、交換の条件は

原則として商品到着から30日以内の返品、交換を承ります。」と

記載されています。

amazonはコンビニ受け取りが出来るのですが、今回は購入者名が記載されておらず

コンビニ払いやコンビニ宛の大量注文がかなり入り後日すべて返品で返ってきています。

amazonは返品の送料はすべて購入者が負担するようになっているので

出荷した送料、返品のときの送料、さらには出荷手数料とamazonから請求されるのでかなりの損失になります。

どんな商品が注文され返品されるのか

これ!という商品はなく本当にいろいろなジャンルの商品が大量に注文されます。

商品名は伏せておきますが添付写真をご覧下さい。







これは一例ですが、他のアカウントもあるので金額でいうと返金額は軽く50万以上です。

配送先の一例

一部伏せておきますが、全国各地のコンビニ宛になっていて

すべて代引きで50万円分代引きになっていたこともあります。

自社出品の場合はこのような注文を受けるとすぐに分かるので対応できますが

amazonはこのような不自然な注文でも平気で発送するので

対応するのは非常に困難です。

amazon発送の返品を防ぐ対処方法

先ほどamazonの返品を防ぐには非常に困難だといいましたが出来ないわけではなく

人と時間はかなり取られますが一つだけ方法はあります。

初期段階限定ですが、注文を受けた15分以内にセラーセントラルからテクニカルサポートで

チャットからすぐに注文番号を伝えキャンセルするように伝えるとキャンセルする事ができます。

5分を過ぎると出荷工程に入ってしまうのでキャンセルは出来なくなるのでその点注意が必要です。

怪しい注文だと思ったらとりあえずテクニカルサポートに連絡しないと返品で返ってきた時に

出荷手数料や送料も支払わなければならないので諦めずに連絡するようにしましょう。

共に悪質な注文者と戦いましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング