スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。

いよいよAmazonも時代の流れとともに料金体系を変更してきましたね。

つい先日はFBAパートナーキャリア(日本郵便)を利用したAmazon倉庫への納品費用を

変更してきましたが近々FBA手数料も変更になります。

パートナーキャリア料金改定はこちら

FBA手数料改定、料金体系変更

2018年 FBA手数料改定・料金体系変更のお知らせ(Amazon.co.jp)
FBAでは、出品者様のご期待に沿えるように、迅速で質の高いサービスを提供するよう努めると同時に、業務の改善やコストの低減により低廉な価格を維持するよう努めて参りました。

しかし、保管、フルフィルメント、輸送、カスタマーサービスのコスト上昇など最近の様々な環境の変化に伴い、今後も高いサービスの品質を維持するために、
大変恐縮ですが、この度の料金体系変更及び手数料改定をお願いせざるを得ない、との判断に至りました。

Amazon.co.jpのFBA料金体系および手数料は、2018年4月24日に改定させていただきます。

Amazonでは、今後とも一層のサービスの向上とコストダウンに尽力して参りますので、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

以下のFBA手数料と料金体系が変更になります。

配送代行手数料、在庫保管手数料、FBA商品ラベル貼付サービス手数料、購入者返品手数料、納品不備受領作業手数料の料金を改定いたします。

配送代行手数料
出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていた配送代行手数料を、配送代行手数料(個数あたり)に統合いたします。
配送代行手数料のメディアとメディア以外の区分を統合いたします。

在庫保管手数料
1月~9月と10月~12月で異なる手数料が適用されます。(在庫保管手数料は、2018年5月1日より改定後の料金が適用されます)

その他の料金については変更ありません。


現行のFBAの手数料は2018円4月23日出荷分まで適用となり

それ以降の出荷分は新しい新料金となりますのでFBAシュミレーター等で計算されるかたはご注意ください。

FBA新料金一覧

FBA配送代行手数料

旧のFBA配送代行手数料


高額商品:45000円またはそれ以上の小型商品は、標準商品に適用されています。



新料金(2018年4月24日以降)

高額商品:45000円またはそれ以上の小型商品は、標準商品に適用されています。

在庫保管手数料

在庫保管手数料は2018年5月1日から変更になります。

旧の在庫保管手数料(2018年4月30日まで)







新の在庫保管手数料(2018年5月1日から)




旧の場合は1年を通して在庫保管料が一緒でしたが、新料金になってから多忙時期(10月から12月)は

かなりの在庫が納品されるので保管料がかなり上げっています。

FBA商品ラベル貼付サービス手数料

旧料金のFBAラベル貼付けサービス手数料(2018年4月23日まで)





新料金FBAラベル貼付けサービス手数料(2018年4月24日から)



ラベルも1枚あたりの単価は安いですが、数が多ければその分負担もかなり大きくなるので

別のラベル貼り付け代行に任せたほうがいいかもしれません。

納品不備受領作業手数料

旧の納品不備受領作業手数料(2018年4月23日まで)




新料金の納品不備受領作業手数料(2018年4月24日から)




納品不備に関しては下がっている物もあますが、ラベルの貼付のミスや間違いが多かったのか

この項目だけ極端に値上がりしています。

商品例

あくまで一例なですので実際の手数料や画像と異なる場合もありますのでご了承ください。

小型サイズ




小型商品は旧価格に比べ少し下がっています。

標準サイズ



大型サイズ 区分1(3辺合計が100センチ未満)

大型サイズ 区分2 (3辺合計が100センチ~140センチ未満)



大型サイズ 区分3 (3辺合計が140センチ~170センチ未満)

特殊大型サイズ



このように各種料金体系が変更になっていますのでFBA等利用する方は

FBAシュミレーターも新料金の計算も出来るようになっていますので

しっかりと計算して販売していきましょう。

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。


輸入・輸出ビジネスランキング