スポンサーリンク

Pocket

どーも、たかきです。

今日は売れる商品の見つけ方を書きたいと思います。

輸入ビジネスでの仕入れ判断はモノレート(旧Amashow)の見方を把握していれば、
仕入れた商品が残るってことはほぼ無くすことができます。

これは中国輸入や、欧米輸入すべて一緒です。

今回はモノレート(旧Amashow)の使い方についてお伝えして
いきたいと思います。

モノレートとは

アマゾンで売られている商品の
価格変動や、出品者の数ランキングの情報
確認できるサイトです。

アマゾンで販売しようとしている人には必須なツールで

詳しく説明していますので必ず使い方をマスターしましょう。

モノレートはこちらから

モノレートを使った商品リサーチ




まずはアマゾンのページを開き商品ページに移動します。







下にスクロールしていくと商品の詳細情報が表示されているのでこの中にある

ASINコードをコピーしモノレートに貼り付けます。














各商品のASINコードを貼り付け検索すると上記のような画面が表示されるので

各グラフの変動を確認します。

基本は過去3ヶ月を基準で見ていきます。

季節商品の場合だと1年で見るといつの時期が売れているのかが分かります。

価格の変動グラフ


価格変動のグラフが何度も上下している場合は、価格が常に変動しているので

初心者は仕入れるのは避けたほうがいいです。

この商品だと基本はまっすぐなので価格は安定してます。

※出品者が増えてくると必ず安く売ろうとしているセラーが出てくるので
価格が下がる傾向があります。

逆に出品者が減ると販売価格が上がる(元に戻る)傾向があります。

もう一つ注意点ですが、モノレートの最安値グラフは送料などは含まれていないので

ここの最安値を基準にはしないほうがいいです。

出品者変動グラフ




出品者変動のグラフは上に上がれば上がるほど出品者が増えている証拠ですのでなるべく

少ない商品を選びましょう。

出品者が多くなればなるほど売れにくくなるので

グラフがガクッと下がっていれば出品者が減っている証拠です。

ランキング変動のグラフ


ここのグラフが一番ポイントで抑えておかなければならないランキンググラフです。

このグラフではランキングの変動がわかり、グラフの動きが激しいほど人気商品で

グラフがガクッと下がっている場所が売れていることになります。




グラフが下がっている回数と出品者の数を見比べると1ヶ月で何個売れるというのが予測ができます。

例えば、このグラフだと1ヶ月で平均で約11回下がっているので

11個売れていることがわかり、仮に出品者が11人だとすると

1人あたり1ヶ月1個売れるという計算になります。

逆に2倍の22人いると当然需要より供給が多いので2ヶ月に1個しか売れないという計算です。

もし不安であれば6ヶ月、12ヶ月の変動グラフも確認してもいいと思います。
ずっと売れているようなら必ず売れることが予測できます。

モノレートに使い慣れていくことで、仕入れるか仕入れないかの
判断ができるようになってきます。

これが出来てくればどんどん商品を仕入れていくことができるようになります。
上記を参考にモノレートを使いこなしてみてください(^^♪

モノレートはこちら

最後までお読みいただきましてありがとうございました。



p.S

モノレートのグラフだけでは不安という方にはグーグルクロームの

モノレート専用拡張機能のモノゾンというツールがるので使うと分かりやすいです。

モノゾンの設定方法はこちら


輸入・輸出ビジネスランキング